↓ 以下『すらら』からのメールです ↓
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
2017年4月14日
 
 【すらら】AI(人工知能)を利用した新機能「AIサポーター」
 
  2017年4月16日(日)よりリリースいたします!
 
                                    株式会社すららネット
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
平素より自立学習応援プログラム「すらら」をご利用頂き、
誠にありがとうございます。
 
先日もご案内させていただきましたとおり、
2017年4月16日(日)より、「すらら」では、
(株) NTT docomoと協同で AI(人工知能)を利用した新機能、
「AIサポーター ニャンロイド1号」をリリースいたします。
 
(以下は、前回のご案内と同様となりますので、ご覧いただいております皆様は、
 【AIサポーターのご利用設定に関するご連絡】までお進みください。)
 
「AIサポーター ニャンロイド1号」は、
生徒の学習データに基づいた声掛けや、
生徒との対話を実現することで、生徒をモチベートし、
学習行動を変える一助となることを目的とした機能です。
 
昨年4月~10月、一部の校舎様にご協力をいただき先行トライアルを実施し、
慶應義塾大学 中室牧子研究室と
「努力を褒めるべきか・さらなる努力を促すべきか」というテーマで
生徒様に対して有効性のある声掛けはどのようなものなのかを調べ
共同研究を行いました。
 
その結果、ある種類の声掛けにより生徒の行動が変わるということがわかりました。
詳細については、数ヶ月以内に論文などで発表される予定ですので、
お楽しみにお待ちください。
 
今回、その研究結果や、トライアルにおける研究協力校舎の先生方のご意見などを踏まえ、
新機能なども搭載し、グレードアップした「AIサポーター」を
正式にリリースすることに決定しました。
 
本機能では、オリジナルAIキャラクター「ニャンロイド1号」が、
個人の学習ログデータを参照して、
これまで先生方の役割であった生徒様への声掛けをチャットボットにて行い、
学習に対するモチベーションアップに貢献します。
 
また一方的な声掛けだけではなく、
チャットボットでキャラクターとの自然な対話も可能ですので、
塾や学校に通う生徒様はもちろん、自宅で学習されている生徒様も、
より楽しみながら「すらら」を学習することができるようになるかと存じます。
 
以上のように、
「生徒様のモチベーションアップに特化し、
 AIを使ったチャットボットで対話を行う」
という機能を備えたe-learning教材は日本初であり、
先進的・独自性のある機能であると考えております。
すごいですね。これからどのように教材も進化していくのか…
うまく使いこなせるように植田塾もがんばります。