5月6日(土)理科講座を行いました。

「学校の理科の先生より,わかりやすいし,理科が楽しく思える。」

と塾生から言ってもらえました。…学校の先生だったんですけどね(苦笑)

 

理科って本当に面白いんですよ。例えば,今の中2の学習。「化学変化」。

酸化銀を加熱したら,「銀」と「酸素」ができる。

想像してみてください。なんでもない,炭のような黒い粉。これをちょちょっと加熱したら,なんと「銀」が産まれるのですよ!そりゃ、昔の人が「錬金術」に夢中になるわけですよ。最初にこれを発見した人の驚きはすごかったでしょう。

火がつくと大爆発する気体の水素と,他の物を燃やすはたらきをする気体の酸素。合体すると火を消すために使う液体の水になるのです。WHY?って叫びたくなりません?

これを淡々と授業やって,覚えるだけなんてもったいない。想像力を膨らましながら楽しく学ばなきゃ!

 

その分,難しいのが理科です。よく「社会・理科」でセットにされて”暗記教科”なんて言われます。ところが,理科は「理屈」です。どうしてそうなるのか…世の中の謎を解明していく謎解きの教科が理科なのです。だからこそ,解説読んで自分で理解するということも困難な教科です。国語力や知識,想像力が必要となります。

近年の入試は,ますます「丸暗記」だけでは太刀打ちできなくなってきています。なぜその操作をする必要があるのか。なぜそんな結果になるのか。これは,人からわかりやすく解説してもらいながら,疑問点はその場でとことん解決していかないとつかない力です。

だからこそ,「理科講座」がおすすめです。少人数で,とことん理屈を教えます。理科の楽しさを伝えます。疑問はその場で対話形式でどんどん解決していきます。少人数で行う理科の授業がお安く受講できる理科講座。ただし,先着6名様…

ぜひご検討ください。